Costco購入品紹介,  食品

米久 もちもちとした大きなちまき 海鮮&角煮

米久 もちもちとした大きなちまき 海鮮&角煮
アイテム番号:28636
購入:倉庫
価格:1,488円(2021.2現在)

おすすめ度:♡♡♡♡

コストコ倉庫でチルドコーナーにあったちまきを購入しました。冷凍ではなく冷蔵で売られています。以前、海鮮の入っていない米久 中華ちまきを購入して美味しかったので海鮮バージョンも食べてみたいなと思い購入しました🤗

商品について

コストコではアップルベーコンの取り扱いがある静岡の米久の商品です。
袋を開けると中にプラスチックケースが入っておりちまきの形が崩れないよう、綺麗に3個ずつ並べられています。

原材料

海鮮ちまき
(もち米(国産)、ほたて貝柱、植物油脂、えだまめ、しょう油、長ねぎ、清酒、あさり、玉ねぎ、砂糖、干しえび、ポークエキス、ほたてエキス、卵白、香辛料、食塩/酢酸(Na)、調味料(アミノ酸)、増粘剤(加工デンプン)、酸味料)
角煮ちまき(もち米(国産)、豚肉、しょう油、植物油脂、長ねぎ、砂糖、調整ラード、干しえび、清酒、ポークエキス、チキンブイヨンパウダー、香辛料、発酵調味料、みりん、老酒、食塩/調味料(アミノ酸等)、酢酸(Na)、カラメル色素、酸味料)
(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

中華ちまきの原材料はこんな感じでした↓具材が違いますね!

もち米(国産)、しょう油、砂糖、水煮たけのこ、鶏肉、しいたけ、植物油脂、玉ねぎ、にんじん、調製ラード、清酒、老酒、ポークエキス、香辛料 / 調味料(アミノ酸)、増粘剤(加工デンプン)、酸味料(一部に小麦、ごま、大豆、鶏肉、豚肉を含む)

https://costcoannu.com/item-review/1219/

内容量

600g(6個入り)
・海鮮ちまき3個
・角煮ちまき3個

重さ

多少のバラツキはあると思いますが…計測してみたところ画像のもので緑(海鮮)が113g、ピンク(角煮)が111gでした。

賞味期限

購入から約20日

カロリー

1個(100g)あたり

海鮮:208kcal
角煮:238kcal

調理方法

中華ちまきと調理方法は同じ時間でした。

レンジの場合
・竹皮のまま水にくぐらせる
・耐熱容器にいれるラップをふんわりかけて加熱
・目安:1個の場合、600Wで1分20秒 500Wで1分50秒

蒸し器の場合
・竹皮のまま、蒸気の上がった蒸し器に6個いれる
・目安:約20分

味について

まず…海鮮と聞いてつい海老を想像してしまいましたが干しエビのエキスのようなものは入っていても固形の海老は入っていませんでした。パッケージに海鮮=ホタテと書いてあるのに勘違いしました(笑

レンジで調理してみました。
海鮮の方が色が薄く、角煮の方が濃いですが両方とも薄すぎず、濃すぎずでちょうど良い味付け、何よりお米がふっくらもちもち。具材については画像で見えているものが概ね全てで塊の中はほぼお米で食べ応えがあります。お米の量に対して具材が少ないのは残念ですが画像のように海鮮ちまきにはしっかりしたホタテ、角煮ちまきには味わい深い豚の角煮が入っているのでおにぎりの具のように考えればシンプルで良いかもしれません。
中華といっても色々あるように冷凍食品のちまきにありがちな脂っこさも気にならず台湾で食べた「油飯」というおこわのようなものを思い出す味…。海鮮も生臭い感じはなくて美味しいです。それにしても国産もち米が好み♡
どちらも温かいうちにどうぞ!

海鮮

枝豆の彩りと食感も良いです。

角煮

海鮮に比べると濃いめで脂っこさはありますがエキスがきいていて美味しいです。

まとめ

米久 中華ちまきが4個入り698円(1個あたり約175円)に対して今回は6個で1,488円(1個あたり248円)です。どちらももちもちとしていますが「大きな」については通常の中華ちまきの重さはが4個で380gだったので6個で600gの今回は若干重くなっている感じでしょうか。具材は中華ちまきとは異なります。海鮮のホタテと角煮は確かにそれぞれ大きめです。
1個に具材がゴロゴロ入っているわけではなく価格としては少し高めにも感じましたが飲茶としてちまきをいただくとだいたいこの金額かそれ以上すると思いますのでおこわ好きの私としては美味しいし、ありかなと思いました。冷蔵庫の場所をとるのが難点なので簡易パッケージで冷凍のバージョンが出ると嬉しいです。とはいえ、レンジで1分20秒で本格的な美味しいちまきがいただけるのは良いですね!

最後までお読みくださりありがとうございました。
少しでもコストコ通いやコストコオンラインでのお買い物のお役に立てたら幸いです☺︎

PR

お名前.com

Xdomain

ブログランキング・にほんブログ村へ